つわりを軽減できるキャンディ、ガムを紹介!

妊娠8週間目ころから始まるつわりには、
 
吐きづわり
 
食べづわり
 
の2つのタイプがあります。
 
 
吐きづわりは
 
気持ちが悪くて何も食べたくない
 
もしくはのどを通らない症状が出ます。
 
 

一方、食べづわりは
 
空腹のときに吐き気が出るので、
 
3食ではなく5食程度に分けて
 
1日分の食事を摂ることが推奨されています。
 
 
この食べづわりの軽減に役立つのが
 
キャンディーやガムです。
 
バッグに入れて持ち歩けて
 
空腹感を抑える効果が期待できます。

 
 
起床時は
 
前日の夕食から何も食べていないタイミングで強い空腹感が出ます。
 
そのため、
 
ベッドサイドにキャンディボックスを用意しておき、
 
目が覚めたらキャンディーやガムを口に入れる習慣を作る
 
のも良いですね。
 
つわりでも
 

柑橘系の香りや味で気分がリフレッシュできる方なら、
 
果実のキャンディーやガムがおススメです。
 
 
また、
 
胸がスッキリしない方なら
 
爽快感のあるミント系のキャンディーやガムがおススメです。
 
 
キャンディーやガムを選ぶときには注意点があります。
 
 
極端に甘いものばかりを食べていると

 
妊娠期の体重コントロールが難しくなり、
 
糖尿病のリスクも予測されるため
 
ノンシュガーのキャンディーやガムを選ぶことも大切です。
 
コーヒーや紅茶などカフェインを入っているキャンディーまたはガムも
 
避けた方が良いです。
 
 
そして、
 
着色料や香料などの添加物の中には
 

妊婦さんに限らず
 
健康に良くない成分があると言われていますので、
 
材料を確認しながら選ぶようにしてください。
 
 
ボツリヌス菌ってご存知ですか?
 
この菌がハチミツに含まれているため
 
乳児にハチミツを与えてはいけないと言われています。
 
そのため、
 
妊娠しているときに

 
ハチミツの入ったキャンディーを食べて良いのか
 
迷う方も多いと思います。
 
 
しかし、
 
直接、赤ちゃんの口に入るものではないので、
 
妊婦さんがハチミツ入りのキャンディーを食べても問題ないです。
 
 
さらに、
 
妊婦さん向けに葉酸や鉄分が含まれるキャンディーは

 
添加物にも配慮したタイプが多いので安心できます。
 
 
つわりの軽減にキャンディーやガムは有効な手段ですが、
 
含まれている成分にも注意して選ぶようにしてください。
 
 
そこで
 
私が実際に食べていたキャンディーやガムを紹介します。
 
 
 

 

 
 
ちなみにおススメのガムは、、、
 
どこでも売ってるキシリトールガムですw
 
経済的で
 
どこでも売ってるので
 
買い物ついでに購入することもできます。
 
 
しかし

 
キシリトールガムだと味が同じなので
 
途中で飽きてしまいますよね。。。
 
 
私のおススメとしては
 
サワーキャンディーやしょうがキャンディーです!
 
個人差もありますので
 
試していただいて
 
気に入ったほうを選んでいただけたらと思います。