つわりの基本知識について

女性のライフステージにおいて大きな意味を持つものとして
 
妊娠や出産があります。
 
子供が生まれることは喜ばしいものですが
 
身体の変化もまた大きなもので、
 
良い変化と共に多くの女性が悩まされるものに
 
つわり
 
があります。
 
そのつわりについての基本的な内容を知っていただき
 

参考にしていただければと思います。
 
 
つわりというのは
 
妊婦さんの50%〜80%ほどが掛かるとされていますが、
 
原因はさまざまなものが考えられ、
 
その一つとしては
 
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
 
というホルモンが分泌されて
 
黄体からプロゲステロンの分泌を低下させないようにします。

 
このプロゲステロンによって受精卵を安定させるのですが、
 
このバランスが通常時よりも多いために
 
身体が慣れずにつわりが起こる
 
という仮説があります。
 
 
また
 
このような身体的な負担から
 
自立神経の乱れやストレスなどが原因になって
 

つわりが発生するというのも考えられます。
 
 
さらには
 
こういった身体の症状は
 
妊娠時において安静を促すための防衛反応
 
として出るというのもあり、
 
総合的に原因を見なければならないとされています。
 
 
つわりの症状としては食事に多く現れることが多く
 

吐き気や悪心や胸焼け
 
食べ物の嗜好の変化や食欲不振
 
臭いに対する変化
 
便秘や頭痛やめまいやイライラ
 
などさまざまなあり、
 
人によって違う症状が出るのも珍しくありません。
 
 
対策として、
 
食事:  

 
無理をせずに食べられるものだけを選んだり、漢方薬なども
 
効果があるそうです。
 
 
つわり:
 
胎盤が出来上がる15週までで多くの人が収まるそうなので、
 
本当にひどい時には産婦人科に相談するのもいいでしょう。