つわり 軽減 流産

つわり軽減グッズランキング

 
つわりの対策グッズは種類も豊富で好みや利用用途に合わせた選び方ができます。
 
妊娠8週目頃から
 
つわりのつらい症状を感じる方が多く、
 
中には産休に入る前の通勤に苦労する方が多いのも現実です。
 
 
そこで
 
最適な方法が選べるように
 
つわり対策グッズランキングで紹介したいと思います!


専用リストバンド

 

ボを押しながら毎日使用できるリストバンドは
 
1日中使用できるつわり対策のグッズとして人気があります。
 
使用した人の約70%程度につわりの軽減が見られたと口コミでも紹介されています。
 
最近はシリコン製のものも発売されており、
 
水に濡れても問題ないなど主婦の生活を考慮したものが増えてきました。
 
 
 
 
 

 

キャンディー

 
キャンディーはバッグに入れて持ち歩けるなど外出先でのつわり対策になります。
 
体重コントロールなどを考慮すると、
 
ノンシュガーやカフェインゼロのものを選ぶ必要があるかと思います。
 
ただのキャンディーではなくつわり対策用のキャンディーだと
 
妊婦さんに必要なエネルギーもサポートしてくれるものもありますので
 
個人的にはそちらをおススメします!
 
 
 

 
 

CD

 
つわり軽減の専用CDは音波にも音階にも必要な効果が盛り込まれていることから
 
音楽を聴いた妊婦さんたちからも効果があると好評です!
 
音楽でつわり軽減をすると他にも嬉しいメリットがあります。
 
医薬品を使用しませんので体に副作用が起こる心配はありません。
 
赤ちゃんに影響を与えることがないので安心して使用できます。
 
また繰り返し使用できるので、
 
つわりが収まるまで何度でも聴けるため費用を抑えることもできます。
 
 

 
 
 

アロマ

 
アロマ精油は良い香りでつわりを癒すことができます。
 
ただし、アロマ精油には注意点があり、
 
ジャスミンやカモミール、ゼラニウムなど
 
妊娠しているときには使用しない方が良い種類もあるからです。
 
ホルモンバランスに影響する、子宮収縮効果があるなどの理由があるので、
 
妊娠中に使用できるアロマ精油だけを選ぶようにしてください。
 
香りが強すぎると気分が悪くなる場合もあるので、
 
初めて利用する方は少量の香りを嗅いで徐々に慣れることも必要です。

 
ミニボトルをバッグに入れておくと外出先でもハンカチに付けて使用できますし、
 
就寝時はガーゼに染み込ませて枕元に置いておく使用方法もあります。

 

 

 

ガム

 
第2位のキャンディーと併せて効果の解説をすると、
 
持ち歩きにも便利で、空腹からくる食べづわりの予防にもなりますし、
 
気分をリフレッシュする味や香りを選べるのが特徴です。
 
個人的にはコンビニ等でも販売しているキシリトールガムがおススメです!
 
 
 
 
 
 
ランキングで紹介したものを商品ごとに細かく記事を書いていますので

 
参考にして頂ければと思います。