つわり 軽減 流産

つわりの種類と対策方法とは?

妊娠すると嬉しい事ばかりではありません。
 
たいていの人が多かれ少なかれ体験するつわりが待っています。
 
つわりがひどい人は
 
あれだけ子供が欲しかったのに
 
それすらも忘れるくらい辛く苦しいものです。
 
 
しかし、
 
この辛さを乗り越えなけらば、、、
 
赤ちゃんまでたどり着く事が出来ません。

 
そのために
 
つわりを少しでも軽減する方法を紹介します。
 
 
まずつわりといっても何種類かあります。
 
 
その中の一つの吐きつわりについてですが、
 
とにかく毎日気持ち悪い状態でずっと船酔いしているような気分になります。
 
こういうときは栄養バランスを考えなくて良いので
 
とにかく自分が食べれるものや食べたいものを重視してかまいません。

 
赤ちゃんが出来たら栄養をとってたくさん食べなければいけない
 
という人もいますが、
 
まだこの時期には必要ありません。
 
なので、
 
プリンやゼリーなどで良いので好きなものを好きな時間に食べることが
 
少しでもつわりが軽減することにつながります。
 
 
他にも、
 

食べづわりというつわりもあります。
 
どのような症状かといいますと
 
空腹になると胸焼けがして吐き気をもよおし、
 
ずっと何かを食べ続けなければならない状態になるものをいいます。

そういう場合は
 
一度に食べるのではなくて
 
食事を数回分にわけて食べるのがオススメです!
 
気持ち悪いのにたくさん食べても気持ち悪くなる可能性があるので
 

少しだけを食べることで空腹感がなくなり
 
食べづわりはかなり良くなります。
 
 
このようにつわり自体はどうしようもならないのですが
 
ちょっとの工夫で出来るだけつわりを軽くする方法があるので
 
妊娠して不安があるあなた
 
妊娠計画中のあなた
 
是非参考にしてください!
 
 

また、
 
気持ち悪いときは体を無理させない事も大切なので
 
ゆっくりすることも大切です。
 
赤ちゃんのためにも無理は禁物なので、
 
つわりに関しては当ブログをご参考にして頂けたらと思います。